腕の医療脱毛を受けるときの流れ

腕のムダ毛が気になる方の間で医療脱毛の需要が高まっています。医療脱毛はエステティックサロンの施術と異なりムダ毛を永久脱毛することが出来るのがメリットです。エステティックサロンの施術よりも出力の高いレーザーを使った施術ですので数回施術を繰り返すことでムダ毛を永久脱毛することが出来ます。夏場に露出が増えることでムダ毛が目立つ腕はわき下などに比べると毛が細いため、レーザーが反応しにくいケースがありますが数回施術を繰り返すとムダ毛が目立たなくなってきます。

施術を受ける日にちが決まったら、施術が近づいてきたときには日焼けをしないよう気を付ける必要があります、日焼けをすると肌がダメージを受けやすくなり、黒い色に反応するレーザーと相性が悪いため、腕の医療脱毛を受ける予定の時は日焼け止めクリームを使うか衣類でガードするようにしましょう。

医療脱毛の施術を受けた後も腕の日焼けを防ぐ必要があります。施術は1か月1か月半おきに一回照射することでムダ毛が徐々に抜けおちて自分で処理をしなくても良いようになります。施術を受けることが決まったら日焼けに気を付けて施術を受けるまでにシェーバーでムダ毛の処理をするのが一般的です。クリニックで剃ってもらえることもありますが有料のケースがありますので、基本的には自己処理しておくと安心です。施術は輪ゴムではじく程度の痛みがありますがそれほど痛みは強くありませんし、当日入浴も可能です。